[Shadowverse]2018/01/07 ローテミッドネクロ

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
さて、大掃除なり仕事なりプライベートなりでShadowverseに触れない年末年始を過ごしたため、ランクマッチに取り組むのが遅れてしまいましたが、まずはローテーションフォーマットを片付けようとちょびちょびプレイしてました。
その甲斐もあり、1月7日という可もなく不可もなくな時期ですが、ローテーションGrandMaster達成。
ぱちぱち。

gra

以下に今回使用したデッキについて記述を残します。
あくまで2018年1月7日現在までの情報ですので明日には違うことを言ってるかもしれませんが、どうぞよしなに。

 

・kuroebi’s deck「ミッドレンジネクロマンサー」

decktate
デッキコード発行はこちら

ミッドレンジネクロマンサーはShadowverseを代表するデッキの一角と言って良いでしょう。
《ゾンビパーティ》、《骨の貴公子》、《不死の大王》、そして《魔将軍ヘクター》が収録された「神々の騒嵐」リリース以来、常に環境に存在し続けるモンスターデッキです。ローテーションフォーマット制定によりいくつかのカードは使用できなくなりましたが、デッキの基盤となるパーツが残存している以上、依然として使用する価値の高いデッキとして高評価を得ています。
私自身、ローテーションフォーマット施行前半は、これまで存在していたデッキの焼き直しやコンセプト重視の発展途上デッキと多く対戦することを予想しており、そういったデッキを粉砕できるポテンシャルを持っていると信頼してミッドレンジネクロマンサーを握りました。ミッドレンジデッキは多少調整不足でも構成上デッキパワーが自然と高くなるため、環境初期はeasy winが増えるのも良いですね。
そういえば公式コラムで以前「ミッドレンジは王者のデッキ!」と書きましたが、全方位に睨みを利かせることができるミッドレンジは試合の回転率よりも勝率を高めたい場合のランクマッチでは重宝します。

kuroebiのシャドウバース入門 第11回:デッキ構築のイロハ・ミッドレンジで圧倒せよ

デッキの初動に関しては、
2ターン目:《ベレヌス》
3ターン目:《スカルリング》
4ターン目:《骨の貴公子》
この動きをベースに、後は対戦相手を見て色々組み替えていきます。

・採用カード解説(一部のみ)

・《ゴブリン》
このカードの採用不採用に関してTL上でも非常に多くの議論が起こっていましたが、今回は以下の点を重視して3枚投入としました。

1.唯一無二のカードとしての価値
ネクロマンサーにはプレイアブルな1コストフォロワーが《ゴブリン》以外ありません。
そして1ターン目に動けることが強みになるシチュエーションが存在しています。カード単体の貧弱さはミッドレンジデッキの構成上、他でフォローできると考えました。

2.組み合わせるカードが豊富
1ターン目にプレイした《ゴブリン》は《骨の貴公子》の効果を上乗せしてくれます。また《アンドレアルフス》での追加ドロー、5ターン目の《骨の貴公子》との同時プレイ、8ターン目にプレイすることが多い《魔将軍ヘクター》との組み合わせと、賞味期限が意外と長いことが判明したのも採用した理由となります。また《ゴブリン》を採用したことによって《骸骨虫》と《アンドレアルフス》(後述)を採用しやすくなりました。

3.easy win
1,2,3,《骨の貴公子》最強っす。

・《骸骨虫》
多くの方が《天弓の天使・リリエル》(とたまに《ハッピーピッグ》)としている枠です。体力回復は本来勝つための動きと対極に位置する役割ですが、特定の相手または状況に対してカード数枚分に相当する活躍を見せるため、カード1枚1枚のパワーで戦うミッドレンジデッキにおいて、ある程度コンセプトに合致するカードです。
《夜の令嬢・セレス》も考えましたが、《骨の貴公子》と《ネクロアサシン》という優先順位の高い4コストフォロワーとのコスト帯競合、そして瞬間2点という回復量が気になり、他のコスト帯で大きく回復できるものを探した結果、《骸骨虫》に辿り着きました。
1/3というサイズが戦闘しづらい点は気になりましたが、《骨の貴公子》や《魔将軍ヘクター》と組み合わせて絶大な効果がある点、そして《ゴブリン》や《スカルリング》を採用することによって戦闘補助を行えるため、採用に踏み切りました。
中盤から終盤の複数回行動しながらの4~5点回復は他のカードには出来ない芸当で、タイトなダメージレースでもしっかり寄与してくれましたね。ただし、序盤に引き過ぎたくないので最終的には2枚という枚数に落ち着きました。

・《アンドレアルフス》
他のデッキのプレイアブルな1コスト2コストフォロワー大幅減少、そして《スカルリング》の加入によって一気に価値を高めたカードです。
特に対ドラゴン戦は《スカルリング》と《骨の貴公子》、そして《アンドレアルフス》を手札交換で探しに行く都合上、無視できない相手に効果的なカードは3枚投入というシンプルな結論に辿り着きました。
1回目の進化はこのカードに使いたいシチュエーションが多いですが、手札が溢れることも有りますので、状況に応じて判断していきましょう。

・《スカルリング》
実質《ボーンキマイラ》の上位互換。ネクロマンサーは2コストに使い勝手の良いフォロワーが揃っているので、それを使いまわせるだけでも価値は高いです。「時空転生」のカードリストを見たとき、真っ先に使いたいと思うくらい魅力的なカードだと感じました。
このカードのお陰で2コストフォロワーはサイズよりも機能を優先できましたし、《骨の貴公子》も気兼ねなく3枚投入出来ます。

・《覇食帝・カイザ》
貴重で強力な3コストフォロワー。3ターン目の動きを安定させるために2枚積みたいところですが、このデッキは《スカルリング》に比重を寄せて構築したことと、《アンドレアルフス》と組み合わせたときに手札枚数の管理が非常に難しくなることから今回は1枚採用としました。

・《ネクロアサシン》
正直使い勝手はあまりよくありませんが、《よろめく不死者》との組み合わせがとても強烈、且つエルフ、ドラゴン、ビショップに対して中盤から終盤に刺す展開が期待できるため、進化できる除去カードとして評価。
ただし、やはり状況を選ぶので今回は1枚採用に留めました。

・《冥守の長・アイシャ》
これまで盤面構築からの打点がメインとなっていたミッドレンジネクロマンサーが、突然手札から10点ダメージが出せるようになったのは相当大きいです。5ターン目と10ターン目以降にプレイターンがあるので3枚投入でも良いですが、他のカードで盤面構築してからの方が強く使えるので終盤に引けるであろうという期待を込めて2枚採用となりました。

・《ブラックスワン・オディール》
強力なカードには違いありませんが、万能かと聞かれると困ってしまうカードですね。このカードで勝つシチュエーションは確かに存在しているので0にはしづらい、しかし何枚も引きたくないという評価に落ち着き、今回は1枚採用。

・《スケルトンプリンス》
役割としては4枚目の《骨の貴公子》。コストが重い分、1枚で複数枚分の仕事をやってくれます。とは言え何枚も引きたくないので1枚採用。

長々と書きましたが、端的に言うとカードの採用枚数についてはtwitterで書いたとおりです。↓

・おまけ:ランクマで主に対戦したデッキ

・エルフ
アグロエルフとコントロールエルフの2択。後者の方が多めでした。
アグロエルフは相手の動き次第ですが捌くアクションを重視。
コントロールエルフは盤面構築を意識していけばビッグアクションが8ターン目からの相手に対して7ターン目から出来るこちらの方が有利になります。《サハクィエル》+《イスラフィール》や《バハムート》を採用してる人がたまにいますが、対コントロールエルフではバトルの推移の関係上、ケアできる場面が少なすぎるので基本考えないでいいでしょう。

・ロイヤル
アグロはほぼ死滅したため、ミッドレンジ系のデッキが主。
普通にカードを出していけばカードパワーの差で勝てるでしょう。《レヴィオンセイバー・アルベール》エンハンスだけしっかり意識。

・ウィッチ
土ウィッチとドロシーウィッチ、そしてニュートラル軸のものと3択。
いずれも攻撃的なデッキっぽい振る舞いをしてくるので捌きながら盤面構築を意識。正直、土の《幻惑の奇術師》パターン以外は盤面を作る余裕があるので焦らず攻めよう。

・ネクロマンサー
ほぼミッドレンジ同系。お互い《骨の貴公子》を採用してるせいで先攻の方が有利だが、後攻でも勝ち目がないわけじゃない。
相手が最初から最後まで完ぺきな動きをしないことを祈りながら耐えよう。

・ドラゴン
ランプ系から《原初の竜使い》まで様々だが、ランプの方が多かった。
重量級疾走や《サハクィエル》+《イスラフィール》、《バハムート》リセットなど、常に逆転の一打を相手が握っている可能性を考慮して慎重にプレイしていこう。《よろめく不死者》の使い方が凄く大事になる。
ちなみに《魔海の女王》は大体の場合ケアできないので諦めた方が良いです。余裕があるときに意識する程度で。

・ヴァンパイア
復讐軸アグロとニュートラル軸アグロが存在していて前者の方が多め。
いずれにしても攻撃的なデッキなので捌くことに意識を。

・ビショップ
《頂きの教会》と《へブンリ-ナイト》を搭載したコントロールデッキが主。元祖消滅クラスだけあって、ことネクロマンサーにとってきついカードが多く採用されているが、こちらのカードパワーが高いのと、相手のダメージ源が薄いため意外と何とかなる。ただし序盤に《スノーホワイトプリンセス》と《詠唱:宝石の甲羅》のコンボが完成すると線が細いネクロにとって泣くほどきついのでその展開が無いことを祈ろう。

・ネメシス
アーティファクト軸と《操り人形》軸のものがあり、どちらもミッドレンジ系となる。
結構な頻度で飛んでくる《すり替わり》、《人形遣いの糸》、《異界転送》にイライラさせられるが、最終的にはカードパワーがものをいうのでアーティファクト軸は8ターン目の《マグナレガシー》や、《デウスエクスマキナ》と《加速装置》が揃わなければ問題なし。《操り人形》軸も9ターン目以降の《復讐の人形遣い・ノア》による打点(進化込みで手札から最大13点)をケアすること。

以上です。皆様の参考になれば幸いです。

SNSでもご購読できます。