運に身を委ねるために

*この記事は2016年3月10日にとあるサイトへ寄稿したものである。ハースストーンにスポットライトを当てているが、概ね他のカードゲームにも当てはまる部分があるので敢えて名称は変えずに投稿する。一部不適切な表現と思われかねない部分は修正したが、また修正を加えるかもしれない。またこの記事の投稿は「ハースストーンのネガキャン目的での投稿では決して無い」ということをここに記す。

—————————————-

「ハースストーンは運ゲー」

この記事の読者の方々も、一日一回はこういった、もしくはこれに準ずる台詞を目にするのではないだろうか。

「ナイフジャグラーはいつも相手の都合の良いように飛ぶ。次のターンには勝てたのにトップデッキされて逆転負け。あぁ、僕は不幸だ。

mattun

盤面を埋めてもラグナロスが本体に飛んできて負けることもある

彼が不幸かどうかは置いておいて、ハースストーンには確かに運の要素が介在する。そしてそれが勝敗に影響を及ぼす事も私は知っている。

しかし、ハースストーンは運だけで勝敗が決するゲームでは断じて無い

「そんなこと知ってるよ」と思う人が大半かもしれないが、その言葉の意味を真に理解している人はまだまだ少ない。

この記事ではハースストーンの運要素についての考察を行い、皆様が「運」に身を委ねることに対し、少しでも気楽に考えられる手助けが出来ればと考えている。

長文となる事、ご容赦いただきたい。

続きを読む

2017年の活動方針と目標

年末に体調を崩したために2016年の内にまとめられず、2017年になってしまいました。反省。

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

2017年の活動方針と目標をここに記します。

続きを読む

【HS】Thinking Play – 002

Thinking Playは、私がゲームのプレイ動画を「一度」見て、思った事を箇条書きする企画である。

まずは読者の皆も、今回の動画に目を通してから読み始めてほしい。

続きを読む